九州の地元就職を考えるなら地域科学研究所へ

都心で働くデメリット

上京して大学に進学している大学生だと、将来的に地元に戻って就職すべきか悩むこともあるでしょう。
都心のほうが就職先も多く大手企業の採用のチャンスも多いなど、何かとメリットも多いものですが、都会でこの先ずっと暮らすことを考えると、地元に戻ったほうが良いのではと考えるものです。

一度就職すると、そのままそこで結婚して住居を構えたり、職場でキャリアアップして会社を辞められなくなったりしますので、そうなるとますます地元に戻るチャンスがなくなります。

しかし都心で住居を構える場合、家賃の安いエリアを選ぶと通勤時間がかかったり、職場まで近いエリアを選ぶと家賃が高くなるなど、何かを我慢しなくてはならない状況になります。

また、人の多く集まる都心では企業の従業員数も多く、出世競争に巻き込まれることも少なくありません。大手企業だと派閥争いなどに悩まされることも多いでしょう。
ストレスがたまっていると自宅でも心を休めることができず、家族との関係が悪化することも考えられます。
共働きをしている夫婦がほとんどなので、お互いにストレスをためていることが多く、お互いの主張ばかりしあってしまい、ケンカが絶えなくなることもあるでしょう。

地元なら給与は安いかもしれませんが、通勤に時間をとられることもなく、満員電車にストレスを感じることもありません。自分の時間を持つことができるので、家族と過ごす時間が増えたり、趣味に費やせる時間も持てることでしょう。

地方にもデメリットはある

もちろん地方で働く上でもデメリットは多くあります。まず何よりも、都心より圧倒的に企業数が少ないので、募集者数が少ないというデメリットがあります。人気企業や優良企業の就職倍率は都心より高くなることも多く、希望の就職先に採用されないことが考えられます。

また、地方は交通アクセスが悪いことが多いため、必ず自家用車が必要になるというデメリットもあります。場所によっては電車が通っておらず、バスも1時間に数本ということもめずらしくないので、通勤に車が必須アイテムとなります。

地方で働く場合、ある程度の拠点をもっている会社がおススメです。成長企業であると活動しやすい場所に拠点を設置するため、利便性の良い場所にオフィスを構えていることが多いようです。

株式会社地域科学研究所は西日本で8箇所に拠点を設けているおススメの企業です。急成長している企業だといきなり業績が下がる恐れもありますが、地域科学研究所は創立40年の老舗企業で信頼と実績を得ている企業なので、西日本地域でもかなり安定している企業といえるでしょう。

【イチオシサイト】
→→株式会社 地域科学研究所|オオイタカテテ|大分の魅力的な情報、就職情報発信マガジン